福島県のお酒をボトル彫刻して販売します♪
太平桜酒造~いわきろまん純米酒

四家酒造~又兵衛原酒

太平桜酒造~いわきろまん純米酒

何度もお伝えさせていただきます♪福島県は7年連続お酒日本一なんです!

以前の投稿でも宣伝させていただきましたが、その美味しい福島県のお酒の販売を開始します♪

もちろん販売に伴い必要ない一般酒類小売業免許と通信販売酒類小売業免許を取得しました。

当工房「ガラス彫刻エッチング工房ちゃわわ」ではこれから福島県のお酒に名入れボトル彫刻して販売します♪

まずは当工房が運営している福島県いわき市のお酒からスタートさせていただきます。

いわき市は東北の最南端にあり太平洋に面しています。人口35万人程度の中核都市になります。

映画「フラガール」の舞台にもなりました。映画をご覧になった方はお分かりだと思います。

いわき市は昔は炭鉱で栄えた街でハワイアンズもありフラダンスも盛んに行われています。

その、いわき市にある2大蔵元酒造メーカー様のお酒に名入れをして日本全国の皆様にご紹介します!

名入れ又兵衛原酒&グラス

名入れいわきろまん&グラス

今回は販売スタート記念として、飲みやすい・持ちやすい・洗いやすいの3拍子揃った手びねりグラスをしかも名入れしてセット販売いたします。

上の写真が四家酒造さんの又兵衛シリーズの原酒です。名前の由来は初代四家又兵衛は、酒好きが高じて自分で楽しむために酒造りを始めたという。川柳なども嗜んだ又兵衛は、俳号を「竹林亭真酒躬(ちくりんていますみ)」としていた。

竹林の多いこの場所のまことの酒飲み。その酒好き度合いがうかがわれる名前である。
現在中心となっている銘柄は、その初代の心意気を汲んだ「又兵衛」。

以前は「福美」「竹林」といった名前も使っていたが、30年ほど前から「又兵衛」が登場とあります。

その又兵衛の原酒地は地元いわき市民に愛され続けているお酒です。アルコール度数の高さに由来する辛さが引き立ち、旨味も広がる余韻豊かな清酒です。日本酒ツウには欠かせない一本。

ぜひ日本全国の皆様に味わっていただきたい逸品です。

それから太平桜酒造さんの素敵なネーミングの「いわきろまん」♪

太平桜酒造さんでは、地産米の使用と手造りの良さ生かし、丁寧な造りを心がけていて原料米は、「夢の香」・「五百万石」・「天のつぶ」をはじめ、全量福島県産・いわき市産米を使用しています。

仕込水は、阿武隈山系に源を発する鮫川水系の水を使用していて仕込(酒造り)は、12月から3月までの寒仕込みです。
ふくしまの酵母でじっくりと仕込んだ醪(もろみ)を、佐瀬式の酒槽でゆっくり丁寧に搾り、太平桜のお酒が出来上がります。
「いわきろまん」は福島県産米「夢の香」をうつくしま夢酵母で仕込んであり、やや甘口ですが、おもさを感じさせない、後味のスッキリした純米酒です
こちらも是非日本全国の皆様に味わっていただきたい逸品です♪
福島県は7年連続お酒日本一の美味しいお酒の県です♪ ぜひみなさま福島県のお酒を味わってくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事