いわき市の特産品メヒカリは美味しい♪
焼きメヒカリ

焼きメヒカリ

いわき市のロゴマーク「フラシティIWAKI」をエッチング刻印した真空ステンレスタンブラーやペーパーウェイトなども製作販売しています。

このフラシティIWAKIのデザインの中に平成13年10月1日「市の魚」に制定されたメヒカリも入っています。

メヒカリは太平洋の水深200~700メートルの海底に生息し、底びき網で漁獲される体長15センチほどの魚です。

この記事を書いていて初めて知りましたが正式名は「アオメエソ」と言うそうです。

目が非常に大きく青緑色に光ることから、通称「めひかり」と呼ばれているとの事です。

フラシティIWAKIのデザインの中から探してみてください、すぐに分かると思います♪

いわき沖のメヒカリは特に脂がのっているそうで干物や揚げ物、刺し身などいろいろな調理方法で美味しく食べられています。

写真はいわき小名浜の有名な魚屋さん「さんけい魚店」にて調理していただいた焼きメヒカリです。

焼きメヒカリって珍しいのかもしれませんね!

とても美味しかったです♬ また食べたいなぁ~

この魚屋さん「さんけい魚店」さんも有名で月に一度は写真のようにお洒落な居酒屋さんに変身しイベントを開催していました。

さんけい魚店

この「さんけい魚店」さんにも「ガラス彫刻エッチング工房ちゃわわ」が製作したコーラボトルが展示されています(^^♪

今回のテーマのようにフラシティIWAKIにデザイン化されたいわき市の特産品を、今後写真に撮ってアップしていきたいと考えています。

私自身ももっと詳しく知りたいので楽しみにしていてください。

エッチング刻印しているフラシティIWAKI商品のグレードももっとアップしていきます。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事