世界にひとつの名入れボトル彫刻を贈りませんか♪
スワロフスキー付きピンクボトル彫刻

日に日に秋っぽくなってきました~季節の移り変わりは早いですね。

当工房では記念日の贈り物に喜ばれている名入れボトル彫刻を製作しております。基本デザインパターンからオーダーメイドデザインまで幅広いデザインの名入れ彫刻が可能です。

ボトル彫刻の製作は当工房にて取り扱っている名入れ商品の中でも一番工程数が多い商品になります。

お酒のボトルによっても違いますが、今日は赤ワインボトルを例に説明していきますね(^^♪

まず最初にワインボトルに貼ってあるラベルを剥がします。お客様のご指定やお好みによっても変わりますが、その赤ワインの特性や風味、産地、テイスト、ワイナリー、仕入れ会社など記載されている後ろ側のラベルは残しておくようにしております。

お客様が、そのワインの特性や年代など知っていただけるように~もちろん剥がすこともできますが食品表示法の兼ね合いもございますので、その場合はご了承願います。

ラベルを剥がしてから、当工房「ガラス彫刻エッチング工房ちゃわわ」で使用しているサンドブラスト方式エッチング技法にてデザインを彫刻していきます。

簡単に説明しますとパソコンで作成したデザインをマスクという特殊なフィルムに専用の転写機にてデザインを転写します。

ボトルにはやはりマスク専用の接着剤を塗布しておきます。

転写したマスクをボトルに貼り、剥離紙を剥がします。それからいよいよエッチング彫刻を開始します。

ボトル彫刻の場合は通常のガラス製品よりも深く彫っていきます。ボトル彫刻は最後に着色するので深く彫る必要があります。

ボトルのカラーリングはゴールドとシルバーを基本カラーとして用意しておりますが、ご希望があればその他の着色も可能です。

ボトルに着色をしてから、スワロフスキーラインストーンを添付します。

写真はスワロフスキーを貼付したアップになります。

光を受けるとキラキラと光って輝きとても綺麗ですよ。こちらのスワロフスキー貼付は現在オプション仕様になります。

簡単に説明させていただきましたが、このような工程を踏まえて名入れボトル彫刻が出来上がります。

当工房では簡易ラッピングのサービスもご用意させていただいております。

写真のような雰囲気でリボンの色も複数用意しています。ご希望の場合は仰ってくださいね♪

デザインはできるだけお客様のご要望にお応えします。

ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください↓

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事